MENU

ネイチャー生活倶楽部 NEWS Site(ブログサイト)

ネイチャー生活倶楽部 NEWS Site(ブログサイト)

公式ホームページはこちら

お知らせ

News & Topics

CATEGORY:ネイチャー日誌

琵琶湖の水質保全に取り組む、滋賀県地域女性団体連合会の鵜飼会長より、改良された『エコクリーン』が届きました!

Date:2021/10/08
こんにちは。
朝晩はずいぶんと涼しくなってきましたね~!
寒暖差で髪やお肌の状況はお変わりありませんか??


今日は皆さまにご情報です。

先日、滋賀県地域女性団体連合会の鵜飼会長より、「改良したびわ湖石けんエコクリーンが出来ました!皆さんで使ってください」と、新しくなった『エコクリーン』をお送りいただきました。

以前もご紹介させていただいた『びわ湖石けん エコクリーン』は洗濯用の石けんです。
私たちネイチャー生活倶楽部の商品づくりと同様に、“琵琶湖の水をきれいにしたい”という想いから、女性たちが立ち上がり、自分たちの手で開発されています。


開発の大きなきっかけとなったのは、琵琶湖で発生した大規模な赤潮でした。
赤潮発生問題から婦人会は一丸となって、「リンを含む洗濯用合成洗剤を使うのをやめよう。多少の不便はあっても粉石けんを使いましょう」と運動を開始。県内全域で実演を交えながら合成洗剤不使用を訴え、署名活動や集会を開催。
さらに、廃食油を回収して石けんの原料に再生する運動も広がりました。県ちふれんでも、各地へ洗濯機をもってまわり粉石けんの使い方を講習したり、署名活動などを実施。
しかし当初は、使いやすい粉石けんがなかなかなく、溶けにくかったり、石けんカスが残ったり…。
そこで、石けんメーカー約20社などによる石けん技術開発協会と、滋賀県の共同で使い勝手のよい石けんの開発がスタート。

その活動から開発されたのが『エコクリーン』です。
元々『エコクリーン』は、60%は純石けん分と呼ばれる脂肪酸ナトリウムで、原料のほとんどは精製した廃食油。40%弱は洗浄力を上げる助剤としてのアルカリ剤で出来ていました。
さらに今回の改良で、金属イオン封鎖剤を使わず、純石けん分を増やされたとのこと。
汚れ落ちもより良くなり、洗い上りもふんわり仕上がりますよ!と鵜飼会長も仰っています!

私たちも、この『エコクリーン』を使いながら、改めて水の大切さや水を守るということを考え、より多くの方々が行動を変えるきっかけになりましたら嬉しく思います。

鵜飼会長、これからも生活者として、女性として、共に動き続けてまいりましょう。


滋賀県地域女性団体連合会 鵜飼会長のインタビューは ⇒ こちら

倶楽部員 坂本

倶楽部員のなかで最年少です。子どものころからアトピーに悩んできました。お悩みの方がいらっしゃったら、いつでも私にお声かけください!

PAGE TOP